×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

わんこそば たち花

わんこそばを東京都内で食べたいなら「わんこそば たち花」しかないみたいですね。岩手県の名物のわんこそばを関東でも食べられるお店です。
所在地は横浜市神奈川区白楽5-13(東横線東白楽駅裏)にあります。わんこそばが2,500円で食べ放題。
営業時間は11:30〜21:00 定休日はなしの年中無休ですが「わんこそば」は4人以上の場合は予約ガいります。なにせ、給仕のお姐さんが付きっ切りですから仕方ないですよね。
わんこそばのたち花での記録は(2005年2月現在)435杯ですが日本記録は559杯です。そんなに食べれる物でもないですよね。ギャル曽根チャンは何杯くらい食べるのでしょうか?
「わんこそば たち花」では100杯以上お食べた人は、恋の願いが叶うという「忍び駒」がもらえるそうです。挑戦してみては如何でしょうか。
もちろん「わんこそば たち花」には、わんこそばだけでなく普通の蕎麦やうどん、各種の定食やお料理もあります。
http://www.tatibana.net/sub-wanko/index.html

盛岡はわんこそばの本場

盛岡はわんこそばの本場ですから、わんこそばも普通のそばも食べるところは沢山あります。駅からはちょっと離れていますが「直利庵」なんかも良く知られています。 http://www.jalan.net/kanko/SPT_152189.html?
盛岡のわんこそば屋さんの「東屋」は創業明治四十年の老舗です。 http://www.wankosoba-azumaya.co.jp/?
東家駅前店は年中無休で盛岡駅のすぐそばですからいつでも行けます。
わんこそばはもちろん「そば料理」、季節料理「南部のお振舞膳」なども楽しめますよ。 「東屋」では盛岡名物の「わんこそば」のオンラインショッピングもしているようです。
他にも、盛岡駅そばでわんこそばを食べられる店は駅ビルのフェザン地下一階にある「やぶ屋」などもあります。駅直結で便利です。
わんこそばだけでなく、岩手県に行ったら冷麺やじゃじゃ麺も味わってみるのも楽しみです。
冷麺ですと駅近くの「ぴょんぴょん舎」か「食道園」「せいろうかく」などが有名です。ちなみに「ぴょんぴょん舎」は、どっちの料理showでも紹介されています。
じゃじゃ麺ですと「白龍(パイロン)」や「盛岡じゃじゃ麺」などのお店が良く知られています。

スポンサード リンク

わんこそばを食べる時

わんこそばを食べる時は、お腹が空きすぎていてもあまり入らないものです。わんこそばの大食いに挑戦したいときは、ネクタイもベルトもちょっとゆるめて気持ちもらくーにかまえるのがコツだそうです。
そして、そばはのどごしを楽しむ食べものですから、噛まないでリズム良くスイスイのみこむ(たぐる)こと。つゆはできるだけ飲まないことがポイントだとか。
薬味もマグロやとりそぼろ、なめこおろしやくるみなど色々揃っていて迷うところですが、薬味をとるか、100杯食うか...どちらにするかでわんこそばの薬味も変わってくるでしょう。
わんこそばの食べ方は、空の元椀をちょっと差し上げるとお給仕さんがサッと中へそばを放りこんでくれます。 元椀は手からはなさないように。
重ね椀は一山10杯ずつ重ねていきます。
限界だと思ったら、最後に椀の中を空にして元椀のふたをパッと閉じるます。 これを素早くしなければ、その前にそばを放りこまれたら終われません。永久に食べ続けなければいけません。?
ちなみに、わんこそばの大食い記録の第1位は559杯(時間無制限)ですが1997年より時間制限15分間にルール変更されています。

Copyright © 2008 わんこそばを東京で食べたい